GitとかGithubとかなんなのか調べてみた

Gitって?

Gitとはバージョン管理システムの一種である。特に複数人で行う開発において、更新の衝突を防いだり、更新履歴を管理したりするためのシステム。Subversionとかと同じ。これ自体が一種のオープンソースソフトウェアである。

Gitは分散型VCSと呼ばれる方式を取っており、個々の開発者がリポジトリ(ファイル情報を管理するデータベース)を持つ。これらのローカルリポジトリは、共有リポジトリとデータのやり取りをする。

Gitを利用するためには、アプリケーションとしてのGitのインストールと、リポジトリを管理するためのファイルサーバーが必要である。

Githubって?

Gitなどのバージョン管理システムを運用するためには、共有リポジトリを管理するためのファイルサーバーが必要になる。Githubは、このファイルサーバー機能を提供する、Git専用のホスティングサービスである。

すっごい大雑把に言えば、クラウドストレージとかレンタルサーバーとかホスティング型ブログサービスとかと同じ。

同様のサービスとして、Bitbucketなどがある。

Githubの特徴は、SNSとしての機能を持っていること。Githubユーザー同士での(バザール的な)共同開発に向く。

GithubはGUIアプリケーションを提供しており、デスクトップ端末からデータをやり取りするために利用できる。

GitとGithubの関係って?

Gitは必ずローカルリポジトリを持つ。ローカルリポジトリを、Github上の共有リポジトリと連携させることができる。

GithubだけがGitサーバーではないので、同じローカルリポジトリを、他のGitホスティングサービスや、自前のGitサーバーと連携させることも可能なようだ。

ソフトウェア開発者じゃない人には関係ない?

基本的には。

ただし、Githubアカウントでログインできるサービスとかあるし、Githubは本質的にはレンタルサーバーなので、サイト構築とかに使えなくはない。Github Pagesとかいうやつ。

単にブログ更新するのに利用しても便利かもしれない。それなりの知識は要るけど。