iOS8でウィジェット対応したタスク管理サービス「Wunderlist」「Doit.im」を比較してみた

iOS8でアプリを通知センターにウィジェットとして登録できるようになった

iOS7以前では、通知を出し続けるという怪しげかつ邪魔くさい方法でしか通知センターに任意のアプリを登録することができませんでした。

しかし、iOS8ではアプリをウィジェットとして登録することが可能になり、対応アプリでは、通知センターの「今日」欄への登録がクリーンかつ簡単に行えるようになりました。

(一方、通知センターに通知を表示し続けることはできなくなったため、「なんでも通知センターに登録できるランチャ」として人気だったMyShortcutsなどは利用できません。代わりに、そのものズバリのLauncherが登場しましたが。)

ともあれ。iOS8以降は「通知センターへのウィジェット登録ができるか」がある種のアプリの判断基準となります。特に、タスク管理アプリはそれが重要なジャンルでしょう。

ウィジェット対応しているタスク管理アプリ

2014/09/28現在、ウィジェット登録に対応しているタスク管理としては以下の二つがあります。

Wunderlist


ver. 3.1.0 - 無料( 仕事効率化 )
6 Wunderkinder

Doit.im


ver. 4.3.1 - 無料( 仕事効率化 )
Doit.im

いずれも、ウィジェットから「本日が期限」のタスクを閲覧、完了することができます。

一方で、タスク管理サービスとして比較すると、当然に様々な違いがあります。そこで、両者をiOSでの利用を中心に比較してみます。

Wunderlist

サービスの基本的な特色

Wunderlistの設計思想においては、タスクはデータベースというよりリストとして捉えられています。すなわち、タスクをInbox(受信トレイ)に集めた上で個々のリストに振り分けるという運用が基本になっており、リストを簡単に作成・管理できるようインターフェースが工夫されています。タスクの手動並び替えも可能です。

一方、弱点は設定項目の少なさです。特に繰り返し設定の弱さは顕著で、曜日ベースの繰り返し指定ができないというサービスは他にほとんどありません。

Doit.imとの比較では、タスク追加時に特殊記法による期限等の指定ができないのがつらい点です。

ただし、意外にもタスク名におけるハッシュタグ(#tagname)の記述と、それによる絞り込みは可能です。Workflowyっぽい。

iOSアプリの特徴

基本的な出来がよく、見やすさ、動作の軽快さ、UIのわかりやすさなど、高水準でまとまっています。リストビューにタスク追加フィールドがあり、ザクザクと追加していけるのは快適です。

また、URLスキームが充実しており、カスタムアクションをサポートするエディタ系アプリ(TextwellDrafts - Quickly Capture Notes)や検索・ランチャ系アプリ(Launch Center ProSeeq+ - 新世代検索ランチャー)などからタスクの追加等の操作が可能です。

プラン

Wunderlistの特色は、無料プランの強力さです。Proプランとの比較は以下ページにありますが、Pro特有の機能はまさに「+α」という感じで、多くのがユーザが無料プランで十二分に運用可能だと思われます。

応用

デスクトップ環境での応用を考えると、APIの仕様が気になるところですが、現在はAPIが公開されていないようです。

Alfred Workflowも公開されていますが、これはWunderlistアプリをコントロールするものであって、単体では機能しません。というか、入力しただけでWunderlistをアクティベートしやがって使い物にならないんですがそれは。

なお、CLIが公開されていたので試してみましたが、Issueにある通りで、まったく動きませんでした。というか、APIもないのに何をしてるのこいつ。

Doit.im

サービスの基本的な特色

サービスとしての大きな特徴は、Todoistとも近いテキストベースのタスク追加だといえます。

上記ページに記載された記法で、例えばゴミ出し today &tag #project ^21:00 @context !高度といった記述をすると、簡単に各種情報を登録することができます。

ただし、優先度の記述においては、言語設定が反映されることに注意する必要があります。英語設定の場合、ゴミ出し !Highという記述になります。

また、特徴的な機能としてNext Actionがあります。これは、実行期限は指定されていないが、速やかに実行すべきタスクを登録するものです。

つまり、OmniFocusにおける順次実行プロジェクトとは異なるということに注意する必要があります。

iOSアプリの特徴

Wunderlistと比較した場合、まず利点として挙げられるのが、ウィジェットからタスクの追加と残数表示が可能なことです。もっとも、追加については要するにアプリが起動して追加モードに入るだけなので、WunderlistでウィジェットからShow allするのと大して変わらんとは言えます。

しかし、iOSアプリの基本的な出来が悪く、細かくイラッとするポイントが多いです。特に気になるのが、クイック追加の重さと、タスクの詳細編集に2タップ必要な点ですね。

プラン

気になるのが無料プランの弱さです。

上記ページを見ても肝心な部分がよくわかりませんが、無料プランの特にヤバい点は、以下の3つでしょう。

  • 同期が24時間に1回
  • Mac/Windowsアプリ利用不可
  • メールでのタスク追加不可

まあウェブUIがあるんだからアプリは我慢できますが、iOSアプリにはURLスキームが用意されていないのに、メールで追加もできないのはつらい。

それより何より、同期が1日1回は論外でしょう。マルチプラットフォームで利用する場合、Proが必須と言えます。まあ、料金自体は安いのですが。($2/月、$20/年)

応用

APIが公開されており、コマンドライン操作が可能です。なんと、公式のAlfred Workflowも公開されています。

日付を見ると、Z BLOG記事のわずか3日後にAPIが公開されたようですね。

まとめ

  • 無料ならWunderlist一択
  • MacではDoit.imに最強感ある
  • どっちも位置情報による通知ができないの気になる
  • Todoistの表示不具合がなければなあ