Karabinerの設定を弄るためのTIPS

Karabinerは非常に便利なアプリですが、設定画面を眺めたときのワケワカ感がスゴくて尻込みしがちに思われます。

Karabinerが怖くなく、めどくなくなるために。

色々追記するかも。

自分で定義したリマップを有効化するための基本的な流れ

  • private.xmlを書く
    • 「Preferences > Misc & Uninstall > Open private.xml」で保存ディレクトリをFinderで開ける
  • Reload XMLする
    • 「Preferences > Change key」にある
  • チェックボックスにチェックを入れる

private.xmlの参考

色んな記事や公式ドキュメントを参考。

private.xmlの構造

最小構成はこれ。

  • xml
    • root
      • item
        • name
        • indetifier
        • autogen
        • autogen…
      • item…

autogen、itemはいくつあってもよい。

設定画面を開く

Karabinerの設定画面はウインドウとして固定されない。つまり、⌘+Tabで出てこない。

それでいて、普通に開くには「メニューバーのKarabinerアイコンをクリック→Preferences…をクリック」とかなのでめどい。

しかし、SpotlightやAlfredでKarabiner.appを叩けば設定画面が開く。

簡単にReload.xml

Karabinerにはコマンドラインインターフェースが用意されている。

使い方は上記記事の通りだが、reloadxmlが極めて有用。設定画面を起動する必要がなくなる。

/Applications/Karabiner.app/Contents/Library/bin/karabinerにエイリアスを設定しておくと使いやすい。

例えば、.bashrcに以下を追加する。

1
2
alias karabiner='/Applications/Karabiner.app/Contents/Library/bin/karabiner'
alias kreloadxml='/Applications/Karabiner.app/Contents/Library/bin/karabiner reloadxml'

kreloadxmlでリロードできる。

MacVimで簡単に編集したい

Alfred WorkflowでAlfredからprivate.xmlを開けるようにする。

キーワードから以下のbashスクリプトを起動。

1
2
3
PATH="$PATH:/usr/local/bin/" # PATHにmvimコマンドを追加
mvim ~/Library/Application\ Support/Karabiner/private.xml
/Applications/Karabiner.app/Contents/Library/bin/karabiner reloadxml

リロードもしたい。

.vimrcに以下を追加。

1
:command! Kre :!/Applications/Karabiner.app/Contents/Library/bin/karabiner reloadxml

編集後、:Kreでリロード。